Now Loading

Now Loading

オイルの豆知識 エンジンオイルの役割知ってますか?

エンジンオイルって何?

エンジンオイルとは、エンジンに使用されている潤滑油です。
車にとって、エンジンはとても重要な部分で、人間に例えると「心臓」です。そしてエンジンオイルは「血液」です。心臓は血液が無いと機能しませんが、エンジンも「エンジンオイル」が無いと全く機能しません。エンジンオイルはエンジン下部に取り付けられている「オイルパン」に入っていて、それを「オイルポンプ」で汲み上げてエンジン各所に送られます。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルが潤滑する部分は基本的にエンジン内の金属部です。さらにその中で、『摩擦』が発生する所に使用します。
エンジンオイルは『摩擦』を少なくする事で、エンジンで発生した力の無駄遣いを防ぎ、少しでも前に進む力に利用しているのです。

その他にも、摩擦には大きな問題が伴います。摩擦のあるところには『熱』が発生するのです。
この熱が非常にやっかいで、金属が溶けてしまうほどの高温にまでなります。
金属が溶けるということは、部品が溶けるという事。つまり、部品が破損していることになります。
正常な働きをする事ができず、下手するとエンジンが止まってしまいます。
しかもエンジンが止まった時点でエンジンは冷えるわけですから、金属が溶けた形状のまま固まってしまいます。(焼きつき/抱きつき)
これらを防ぐ為、潤滑剤である『エンジンオイル』は必要なのです。

エンジンオイルの交換時期

オイル交換のめやす

理想は、「マメにメンテナンスをしてくれる掛かりつけの整備工場を作ること」です。日々忙しい生活を送っていると忘れてしまうことも在り得るので、そんな時は給油のついでにスタッフにお声がけください。チェックをしないまま放っておくと、最終的には運転席にあるオイルランプ(油圧警告灯)が点灯することになります。オイルランプはエンジンオイルが少なくなったり油圧が下がると点灯します。ですが、よっぽどひどい状態にならないと点灯しないので、オイルランプが点灯するということは、エンジンがすでに故障していたりすることもあるのでオイルを交換するだけでは不具合が直らない場合が多くあります。「時すでに遅し」ということです…。そうならないためにも、整備士常駐の関西砿油サービスステーションで、オイルの状態を把握しておきましょう。

関西砿油のオイル交換

オイルチェック0円 オイル交換0円 オイル代金 軽自動車1,980円 5ナンバー2,980円 3ナンバー3,980円
問い合わせ・申し込みはこちら